スポンサードリンク

専業主婦

専業主婦の時間


この専業主婦は意外と企業に与える影響は大きく注目されています。

専業主婦が行動する時間に合わせて専業主婦向けに女性割引などのサービスが行われたり、消費主体として専業主婦向けに商品を開発したりしています。

専業主婦の時間はどう行動するかによって、社会に与える影響が大きいというのは事実です。

専業主婦のかたはもっと自信を持っても良いと思います。

生き方は個々それぞれです。

自分が納得している生き方が一番です。

専業主婦が遊んでいるように見えても実は家族が円滑に過ごせるためのものだったりとそれも仕事としてみるならば重要なことです。

専業主婦は出来るならそうありたいと思える、やはり憧れの職業ではないでしょうか?

専業主婦

専業主婦からの影響


「30代の専業主婦」がもっとも幸せな日本人像であるという調査結果がでていて、以外にも25歳から35歳の比較的若い専業主婦の人4人に3人が満足しているという結果が出ています。

昔でいえば専業主婦は憧れの職業という時期もありました。

最近そんなわけで専業主婦の役割や仕事としての大変さが認められてきました。

また、社会的にも専業主婦は雇用関係にある賃金労働者に比べ日中の行動範囲は基本的に自由かつ多様で行動は自己決定権の元にあり、経済にも比較的余裕があると思われています。

そんな専業主婦の広範な行動力を見込んでショッピングモールや映画館などの商業施設がつくられh例日の日中から営業しスポーツクラブや多彩なカルチャーセンターが活動的な専業主婦向けに開かれています。

このことだけを見ても専業主婦の社会的経済の影響は多大にあると思われます。

専業主婦

専業主婦の仕事

専業主婦の仕事を明らかに馬鹿にしている人たちも多いみたいですが、結局のところ、ちゃんと専業主婦の仕事を理解している人はいるのでしょうか?

最近では専業主婦が減っている傾向にあります。

その理由は個々それぞれですが、不況なことも影響して専業主婦も働かざるをえないということもありますし、またそれ以外でも周りの目が気になってとか自分を認めてくれる場所がほしいとかで専業主婦は減少傾向にあるのです。

専業主婦の仕事って見た目ほど甘くはありません。上手に専業主婦の仕事をこなしているからこそ時間に余裕ができるのです。

決して楽ではないのです。

日々の家事だけでなく、近所の人や子供の友達の親とも上手に付き合うのが、専業主婦の務めです。

どんな仕事も楽しみながら出来たらベストだと思います。どんな仕事も大変です。

専業主婦の仕事には逃げ場がないのですから、かなり責任が問われます。

そして、専業主婦のかわりはいないのです。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。